バイアグラの効果や知識を分かりやすく説明

バイアグラは世界中で人気があります

バイアグラは世界中の男性が服用し絶大な人気を得ています

世界中の多くの男性がもっと性生活をエンジョイしたいと考えています。自分も気持ちよくなり、女性も気持ちよくさせてあげることのできる人間の性欲の欲望エネルギーは膨大なのです。最近ちょっと元気がないなと考える男性でも、バイアグラを少し飲むだけで20代のころのエネルギッシュな自分を取り戻すことができます。

 

バイアグラはファイザー製薬という海外に本社のある製薬会社が開発しました。
日本にも支社がある世界有数の製薬会社です。

 

バイアグラもこの会社に監督され日本でも流通していますが、残念なことに日本国内では健康保険の適用外となっています。なので少し高額です。

 

日本の医師の間でもバイアグラに保険の適応をと訴えている医師もいます。
その訳は日本では今ものすごい勢いで勃起不全患者が増えてきています。

 

実は日本人青年男性の約3割にあたる人が予備軍も含めるとEDだというのです。EDになる原因としては、老化やストレス、生活習慣の乱れなどがあげられます。

 

老化によって血流の流れが滞りがちになったり、ストレスや生活習慣の乱れによって様々なホルモンバランスが乱れることなどが理由です。
でもバイアグラを飲むと、血流がよくなりさらに、飲むという行為がEDに立ち向かうという信号が脳に送られて精神的に男性的になり、そうなると男性ホルモンであるテストステロンが大量に分泌されED改善に向かうというのです。

 

海外と日本での違い

 

海外ではもうバイアグラを使ってEDを治していかなければという危機感を持っているので、既に保険が適応されている国が多くなっています。バイアグラ体験談などでも多くの男性が服用しているのがよくわかります。

 

日本の場合はまだEDは治す必要のない病気だという認識だということです。規制が追い付いていないのです。

 

日本の薬に関する規制は薬事法という法律が元となっています。

 

とてもきちんとした法律なのですが、日本の法律は変更や修正に時間がかかるのが常で、海外の政治のようにフットワークが軽くありません。

 

さらに、古い考えの人がずっと法規制の番人になっているので、これでは新しいことに対して後手後手になるのも無理はありません。EDを治すことの必要性やバイアグラの効果が海外のように認められるようになれば、日本での規制も変わることでしょう。

 

バイアグラの効き目

 

バイアグラは飲むことで血流の流れがよくなるだけでなく、EDの人特有の性器への血流を止める働きを解除することができるのです。

 

普段は性器への血流はシャットアウトされています。そうでないとずっと勃起しっぱなしになってしまうからです。

 

性的興奮を受けることによって脳から信号が送られてせき止めていたダムが開き、性器へ血液が流れるのですが、EDの人はこのダムがうまく開かないのです。

 

バイアグラはそのダムが開くのを助ける働きがあります。なので、薬の効果がある時には少しの性的興奮でも簡単に勃起します。さらに血液の流れもよくなるので、勢いよく勃起することができるのです。

 

病院で処方してもらえる

バイアグラ

バイアグラは海外では薬局などで簡単にくにゅうすることができるのですが、日本ではまだそこまで進んではいません。病院でEDとして診察してもらって医師が必要だと診断して初めて処方してもらえます。

 

EDの治療に関してはほとんどが投薬治療ですので、ほとんどのケースで処方してもらえるのですが、まれに処方されないケースがあります。それはED患者さんが心臓病などを患っているケースです。バイアグラは一緒に服用してはいけない薬があり、心臓病の治療薬がそれに該当することが多いのです。

 

しかし、バイアグラ以外にも病院が処方してくれうくすりはありますので、持病がありくすりを常時服用している人はきちんとED治療の際に説明しておくと、バイアグラ以外の治療薬を処方してくれるでしょう。

 

新潟にバイアグラをで院内処方してくれる病院ができたそうです。近い未来にドラッグストアーなどでも販売されるようになるといいですね。

実は輸入できる

 

バイアグラは実は海外から輸入することができるのです。薬局で売っていない薬を海外から輸入するのって、違法なんじゃないのと思う人もいるかもしれませんが、ルールさえ守れば大丈夫です。

 

そのルールとは、バイアグラを購入する場合には自分自身で使うと証明する。

 

必要以上に大量に購入しない。大きくこの2点を守ることが義務付けられています。あとは海外旅行に行ったときに海外で自分で購入して日本に持ち込む方法です。この場合に関しても自分自身で飲むことが条件となります。

バイアグラと妊娠

く、「バイアグラを服用してセックスをして、子供を作っても大丈夫?バイアグラを服用することで精子に何らかの悪い影響などはないのですか?」と言う質問を見かけます。

 

回答として全く問題はありません。アメリカでの動物を使った実験でも、精子の遺伝子への影響はないと報告されています。

 

むしろ一般によくみられる新婚EDや、「子供と作らなければいけないという義務感を抱いたとたんに勃起しなくなった」と言う心因性の勃起障害の人「妻に今日が排卵日だと言われただけで萎えてしまう」というケースの人たちに、バイアグラは有効に働きます。

 

男性にはセックスはしたいけれども、子供はまだ欲しくないと考えるタイミングの時に、妻の方から子作りをせがまれると、セックスそのものが億劫だと考えるようになる人がいるようです。

 

バイアグラを使うことでセックスの回数が増えて、妊娠する可能性が増えることは間違いありません。

 

バイアグラは、これからの日本の少子化問題を救う特効薬になるかもしれませんね。

 

続きを読む≫ 2016/02/05 11:28:05

バイアグラが処方されないケース

バイアグラの処方には医師もある程度は慎重に結論を出します。興味本位の場合など、医師が敵どうでないと判断した場合は処方されることはありません。

 

処方できるのは勃起障害と診断された20歳以上の男性で、心臓などの禁忌症状がないことが条件です。

 

また、重篤な肝臓病の方、低血圧の方(とくに最大血圧が90oHg未満、
または最小血圧が50oHg未満の方)高血圧の方(最大血圧が170oHg、
または最小血圧が100oHg以上の人)、
脳血管に病気のある方、
これまでに心筋梗塞を起こしたことがある方、
網膜色素変性症と診断された方などには、副作用のリスクが大きくなりますので、バイアグラは処方されません。

 

他にも、陰茎硬化症など異常形状のペニスを持つ男性の場合、勃起すると痛みを伴う可能性が高いので、処方はできません。

 

その場合はバイアグラを服用する前に、まず治療することが先決です。

 

以上の症状をお持ちの方には残念ながら、バイアグラを処方することができませんので、ED治療にはほかの方法を試す必要があります。もちろんバイアグラ以外にもたくさんの勃起不全の治療法はありますので、心配しないでください。

続きを読む≫ 2016/02/05 11:26:05

バイアグラ

バイアグラは、クエン酸シルデナフィルのほかに、タール色素の青色2号が含まれています。

 

その錠剤は薄い青色をしていますが、青色2号によるものです。タール色素は、化粧品や食品にも使用されています。

 

タール色素は、最初コールタールを原料にして作られていたため、このような名前がついています。今は、石油製品を原料に合成されています。

 

タール色素の種類は非常に多く、赤色系、黄色系、緑色系、青色系が主に使用されています。青色2号は、インジコカルミンとも言い、日本では食品添加物に指定されています。和菓子、焼き菓子などに使われています。

 

しかし、タール色素は化学構造上、発がん性や奇形性(胎児に障害をもたらす毒性)の疑いを持たれており、また、じんましんなどのアレルギーを起こすものが少なくないのです。

 

青色2号も例外でなく、ラットに青色2号を0.5、1、2、5パーセントそれぞれ含む餌を2年間食べさせた実験では、2パーセントと5パーセントのラットのオスの成長が悪くなりました。

 

また、ラット80匹に、青色2号を投与したら14匹にガンがみられ、転移したものもありました。

 

現在栄養剤や風邪薬、鎮痛剤など様々な医薬品に、安易にタール色素が使われています。色を付けて見た目を良くしようとし、服用しやすくしているという狙いがあるのかもしれません。また、間違った服用を減らすために色で識別しているということもあるのでしょう。

 

しかし、効果に関係ないものにまで着色されているケースも多いのです。バイアグアらも本来、着色は無意味なのです。

続きを読む≫ 2015/11/04 14:13:04

バイアグラ

バイアグラの主成分は、クエン酸シルデナフィルで、これは、白色の結晶性の粉末です。クエン酸とシルデナフィルが結合したものです。クエン酸はミカンやオレンジなどの柑橘類に多く含まれている酸です。

 

初めてレモン果汁から分離されたのは1784年のことで、1880年には人工的に合成されました。

 

現在では、ショ糖やでんぷんなどをカビによって発行させる方法と、石油から得られるパラフィンを原料として、細菌などに作らせる方法で製造されています。

 

食品添加物に指定されており、果汁やゼリー、ジャム、キャンディ、清涼飲料水など多くの食品に使用されています。

 

シルデナフィルはN窒素、S硫黄などとペンゼン核などが複雑に結合しています。

 

一般に化学物質は、硫黄を含んでいると毒性を持つことが多く、シルデナフィルもその点では、毒性があると考えられています。

 

その毒性が、ペニスの勃起を引き起こすともいえます。簡単にいうと、ペニスの勃起を終わらせる酵素の働きをシルデナフィルが妨害するのです。

 

これは酵素にとっては毒性物質です。医薬品は一般的に毒性を持つものが少なくありません。しかし、量をコントロールして使って、毒性を一定の効果に変えているのです。したがって、使い方や使う量を誤ると、障害が表れることがあり、最悪の場合死亡事故が起こる場合があります。

続きを読む≫ 2015/11/04 14:07:04

バイアグラ

バイアグラは勃起不全の治療を目的に開発された薬ではありません。偶然に勃起不全に効果がることが確認された薬なのです。

 

バイアグラの開発は1992年、イギリスにあるファイザー製薬研究所で始まりました。

 

この研究所で、クエン酸シルデナフィルという化学物質が、狭心症に効果があるかどうか、臨床事件が行われていました。狭心症は、心臓に栄養を送っている冠状動脈が動脈硬化などによって狭くなり、充分に血液が流れなくなって起こる病気です。

 

胸通を伴い、重症の場合には命を落とす怖い病気なのです。

 

クエン酸シルデナフィルは、心臓の血液量を増加させることが期待されていたため、狭心症の治療薬として、臨床実験が行われていたのです。

 

しかし、クエン酸シルデナフィルには、期待していたような効果は期待できませんでした。

 

ところが、この際、緊要な事件が起こりました。臨床試験を受けた男性のうち、この薬を手放そうとしなかった人が少なくなかったのです。

 

効果のない薬を、患者がほしがるなど前代未聞のことの名でした。

 

しかし、なぜ、そんなことがあるのか、ファイザー社の社員はすぐに納得しました。

 

この薬を飲むと、ペニスの勃起が促進されることを、患者が感じたからだったのです。

 

つまりクエン酸シルデナフィルは、心臓に流れ込む血液を増やす効果はあまりなかったが、ペニスに流れ込む血液をかなり増やすことができたのです。

続きを読む≫ 2015/11/04 13:55:04

バイアグラ,発見

心臓病の臨床試験の患者が、試験が終わった後もこの薬をほしいという声が上がったことから見つかったバイアグラですが
これは、思いがけない発見でした。いわば、心臓病の副作用が、主作用を超える作用として注目されたのです。

 

ファイザー社の研究者たちは、これが、勃起不全の治療薬になり得ることを直感しました。そして、本格的な研究が始まりました。

 

この間、この薬はバイアグラと名づけられました。バイア(Vigor)は「精力」ナイアガラ(Niagara)は、あの有名なナイアガラの滝のことで、ナイアガラの瀑布の用にすさまじい精力を生み出すという意味のようです。

 

ファイザー社は1993年からこの薬を勃起不全の治療薬として、臨床試験を開始しました。それは4年間行われました。その間21の臨床試験が行われ、勃起不全被験者は全部で4000人に上がりました。その費用は5億ドルにも上がったと言われています。98年3月にはFDA(食品医薬品局)が、勃起不全の治療として認められました。

 

こうして、世界で初めて、内服治療薬として認められることになったのです。

 

このように、発見からきっちりと時間とお金をかけた臨床試験を経て、今、私たちの勃起不全の改善にバイアグラは活躍しているのです。

続きを読む≫ 2015/11/04 13:45:04